ウーマン

肥満の体を何とかしたいなら|スリムになって見返そう

最新記事一覧

綺麗な体を保つために

女の人

女性ホルモン増やすには、食生活や生活習慣を整えることや、納豆などの大豆製品を多くとることがおすすめです。また、程度な運動を入れたり、日頃から体を冷やさないようにケアをすることが非常に重要であると考えられます。

読んでみよう

おしゃれで機能的な足元を

靴

今、通販にも外反母趾の方に優しい靴がたくさんありますが、選ぶ時には幅の広いものは避けましょう。自分の足幅にピッタリの靴が、外反母趾対策に有効です。また、通販では自分の足に合うかどうか心配、という方は返品制度を上手に利用しましょう。交換送料が無料の所など、便利なシステムがありますので、活用しましょう。

読んでみよう

体温を上げよう

女性

今、体温が低い人が増えています。体温が低いと免疫力が下がり、病気になりやすくなってしまいます。体をこまめに動かす、筋トレをするなどして筋肉量を増やしましょう。そして、食べ物や服装など体温を上げる方法を取り入れてみましょう。

読んでみよう

痩せるメリット

肥満

できていない習慣

脂肪が体の中に蓄積される肥満体型では、生活習慣病から大病を招くリスクも高まるため、健康改善を図る必要があります。脂肪が蓄積される原因には、暴飲暴食による摂取エネルギーが消費エネルギーより増えてしまうことにあります。食事をとる際、精神を安定させるセロトニンが分泌されるのですが、食べる行為でストレスを解消させるのが肥満体型の方の特徴です。ストレス解消を食ではない部分で解決させることもポイントです。また欠食や夜食症候群の人の場合も、食べる量が少食でも、食べた物は貯蔵エネルギーとして蓄えられやすく、肥満へと結び付きます。食生活を改善させることが重要で、1日の食事を振り返ることもテクニックの1つです。毎食野菜を摂取する・夕食後に夜食をしない・ゆっくりよく噛んで食べるなど、当たり前にできることができていないため、こうした基礎となる改善が必要です。

ニオイも抑制できる

皮下脂肪型と内臓脂肪型に分けられる肥満体型の方の中でも、皮下組織に脂肪が蓄積する洋ナシ体型の方は増えています。この場合、1度脂肪がつくことで落としにくいため、健康改善を図ることは大切です。下半身の肉づきが特徴で、特に産後の女性は内臓脂肪より皮下脂肪が付きやすい特徴があります。皮膚のすぐ下に脂肪が蓄積されているため、揉み出しによるマッサージなど、外から刺激を加える一工夫で効果が期待できます。また肥満の身体は、熱の放出を妨げて体温も上がりやすく、汗をかきやすい特徴があります。決して代謝が高い訳ではなく、体温調整が図られているためです。皮脂も過剰に分泌され、雑菌や細菌などで体臭を引き起こします。また揚げ物などの脂肪の多い食事も体臭の原因になり、酸化を防ぐためにも脂肪を落とすことが健康や美容の悩み解決にも繋がります。